土曜夜に花探し

東京都内を中心に、花を見に公園やイベントに行った記録。だいたい土曜夜に週一更新。たまに読書感想文。

蘆花恒春園の高遠小彼岸桜を見に行ってきました

3月22日に世田谷区にある蘆花恒春園に行ってきました。

 

 同園は明治・大正の文豪、徳冨蘆花と愛子夫人の暮らした家や庭などがある公園です。

園内は大きく分けて蘆花の暮らした家や庭のある「恒春園区域」と、広場や遊具やドッグランなどもある「開放公園区域」に分かれます。

入園無料で恒春園区域の開園時間は9時から16時30分、解放公園区域は常時開園していようです。

最寄り駅は多数あるようで、私は千歳烏山駅から徒歩で行きました。

蘆花恒春園|公園へ行こう!

都立蘆花恒春園 (@ParksRoka) | Twitter

今回同園に行った目的は2つありまして、

1つは前回12月に行った際には工事中で入れなかった、開放公園区域内の花の丘地区が3月13日に開放されたこと。

もう1つは恒春園区域内にある蘆花記念館で開催されている、企画展 『浪子のトリセツ』 ―明治の結婚と家庭―を見ることです。

花の丘地区

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150059j:plain

サクラの一種「高遠小彼岸桜」がキレイに咲いてます。七、八部咲きくらいかな。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150421j:plain

染井吉野よりちょっと濃いめのピンク色の花。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150719j:plain

植えたばかりみたいだけど、花壇の花も綺麗です。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150808j:plain

花壇越しに見るサクラもいいですね。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150838j:plain

何も植えてない花壇もあったけど、Twitterによればヒマワリやコスモスの種を蒔くみたいです。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322151017j:plain

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322151139j:plain

お花見にはちょうど良さそうなベンチ。だけどすぐそばの芝が張りたてなので、まだ座れません。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150157j:plain

白いユキヤナギと赤いオタフクナンテンコントラストが綺麗。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150641j:plain

高遠小彼岸桜の根元で咲いていたシャガ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322150012j:plain

ヒイラギナンテン

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322151909j:plain

サンシュユ

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322152425j:plain

レンギョウ

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322153111j:plain

マンサク。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322152731j:plain

エンドレスサマー」というアジサイ。この品種に限らず、たくさんのアジサイヤマアジサイが植えられてました。アジサイの季節に来ても良さそう。

他にも藤棚やハギのトンネルもあったので、季節ごとに変化が楽しめそうでした。

 

あと4月7日には、花の丘にて「高遠コヒガン桜まつり」を開催するらしいので、またたくさんの人で賑わいそうですね。

花の丘地区以外の植物

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322144303j:plain

正門近くのシデコブシ

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322145510j:plain

コブシ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322145808j:plain

ツバキ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322154614j:plain

ヤマブキ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322145300j:plain

恒春園区域に咲くスミレ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322145720j:plain

開放公園区域にたくさん落ちてました。

園内の鳥

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322145928j:plain

ツグミ

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322152047j:plain

ヒヨドリ

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322153448j:plain

シジュウカラ

写真には撮ってないけど、ハシブトガラスハシボソガラス、ドバト、キジバトムクドリとたくさん鳥がいました。

企画展 『浪子のトリセツ』 ―明治の結婚と家庭―

前回この公園に来たときは、全然徳冨蘆花のことを知らないで来たんですよね。

でも公園に来て蘆花のことに少し興味がわいたので、代表作である『不如帰』を読んだんですよ。

そしたらその主人公、浪子の名を冠した企画展をやるということで、なんて私にとってタイムリー。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322144408j:plain

展示の内容は悪くなかったのですけど、展示品の数が正直少なかったですねえ。ただ常設展示してる蘆花にまつわる展示は変わらずボリュームいっぱいです。

こちらは時間に余裕のあるときに改めて見たいところです。

 

この企画展の期間は1月4日から4月30日までです。

また開催場所である蘆花記念館の開館時間は9時から16時までです、恒春園区域の閉園時間より30分早く閉まりますのでお間違いなく。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322144429j:plain

蘆花記念館の入り口にはユスラウメが咲いてました。

f:id:Nakano_Hitsuji:20190322154758j:plain

最後にまた高遠小彼岸桜。

 

本記事以外の蘆花恒春園の記事はこちら。

nakanohitsuji.hatenablog.com

『不如帰』を読んだ時の感想です。

nakanohitsuji.hatenablog.com