週末花探し

東京都を中心に花を見に出かけた記録。土曜日か日曜日の夜に週一更新。たまに読書感想文。

5月の旧前田家本邸に行ってきました

5月20日に目黒区にある駒場公園内の旧前田家本邸に初めて行ってきました。

旧前田家本邸 | 施策情報等 | 東京都生涯学習情報

和館(駒場公園) 目黒区

駒場公園 目黒区

旧前田家本邸は、旧加賀藩主で前田家第16代当主の利為の自邸として建てられました。

 

利為は日本に外国の貴賓を迎える邸宅がないと考えて、本邸は家族の生活の場であるとともに、迎賓館としても利用できるような邸宅として設計されています。

二階建ての洋館と和館があり、それらは渡り廊下で繋がっています。昭和4年(1929年)に洋館が、昭和5年(1930年)に和館が竣工しました。

戦後は連合国軍に接収されたりした後、現在では洋館は東京都、公園と和館は目黒区の管轄となっています。

 

休館日は、洋館が月曜日と火曜日と祝日。和館が月曜日と祝日。

利用時間は、洋館が9時から16時30分、和館が9時から16時となってますが、洋館は現在館内消毒のために15時30分までになってます。もしかしたら和館も利用時間が短縮してるかもしれません。

見学料はどちらも無料です。アクセスは駒場東大前から徒歩8分です。

  • 洋館
  • 和館

洋館

洋館正面。写真はほぼ見て回った順に紹介します。

入ってすぐの階段広間。1階はお客様のおもてなしするためのスペースです。

第一応接室。

サロン。

小客室。左側は大客室にそのまま繋がってます。

続きを読む

東京都庭園美術館の『建物公開2022 アール・デコの貴重書』に行ってきました

5月20日に港区にある東京都庭園美術館に行ってきました。

同館は昭和8年(1933年)に朝香宮邸として建てられた、アール・デコ様式の洋館を活用した美術館です。

東京都庭園美術館|TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM

東京都庭園美術館 (@teienartmuseum) | Twitter

東京都庭園美術館 / Teien Art Museum(@teienartmuseum) • Instagram写真と動画

東京都庭園美術館 Tokyo Metropolitan Teien Art Museum - ホーム

teienartmuseum - YouTube

同館では4月23日から6月12日まで『建物公開2022 アール・デコの貴重書』を開催中。

毎年春に行われている建物公開は、本館(旧朝香宮邸)の建築としての魅力を堪能するためのイベントで、

普段は閉められているのカーテンが開けられ、本館内での写真撮影も出来ます。

東京都庭園美術館|建物公開2022 アール・デコの貴重書|2022年4月23日(土)〜6月12日(日)

開館時間は10時から18時(入館は17時30分まで)。休館日は毎週月曜日。観覧料は一般は1000円です。

アクセスは目黒駅より徒歩7分白金台駅より徒歩6分です。

youtu.be

写真もちょっと撮ってきましたが、正直私のブログを見るより公式YouTubeチャンネルで公開されている、ギャラリートークを見るほうが圧倒的にオススメです。

入り口の看板。写真は展示順に紹介していきます。

本館(旧朝香宮邸)正面。

『三羽揃いのペリカン(ペンギン)』

ロイヤル・コペンハーゲン(窯) 磁器1902年頃

次室の香水塔。

屋内用の噴水で、上部の照明部分に香水を施し、熱で香りを漂わせたことから香水塔と呼ばれるようになったそうです。

大食堂。

続きを読む

5月の八王子長房緑地保全地域に行ってきました

5月10日に東京都八王子市にある八王子長房緑地保全地域に初めて行ってきました。

緑地は武蔵陵墓地の北側に広がる丘陵であり、コナラやクヌギの多い雑木林です。

城山手親林の会ホームページ

八王子長房緑地保全地域 | 東京の自然にタッチ 里山へGO!

緑地は4カ所の入り口があり、今回は楡の木公園横入口から入り陵東公園横入口まで抜ける、東西を横断するメインコースを歩いてきました。

城山手親林の会 緑地案内

楡の木公園横入口。近くにこないと分からない、ひっそりとした入り口です。

中に入ったところ。

右手にはフェンス越しに城山川が流れていて、木漏れ日の下、川のせせらぎを聞けます。

少し進むとカタクリ園に突き当たります。花期には一面にカタクリの花が咲くそうです。

保全のためにフェンスで囲われているので中に入れませんが、自然観察などのイベントのときには入れるみたいです。

このように立ち入りが制限された場所は緑地内に3カ所あります。

カタクリ園沿いの階段。最後の方が急になってて上りはともかく下りは怖そう。

続きを読む

GWの東京都薬用植物園に行ってきました その2

5月6日に東京都小平市にある東京都薬用植物園に行ってきました。

東京都健康安全研究センター » 東京都薬用植物園

同園ではあへん法などにより栽培が禁止されているケシを栽培しているので、それを目当てに行ったのですが、

そちらは別記事その1で紹介しましたので、本記事ではケシ以外の植物を紹介していきます。

nakanohitsuji.hatenablog.com

園内には本当に多くの植物が栽培されていたので、綺麗な花を咲かせていた植物を中心に紹介します。また園内は細かく区域分けがされていたので、区域ごとに紹介していきます。

ただ同じ植物でも複数の区域に植えられてるものも多いですよ。

  • 1.温室(冷房室併設)
  • 2.漢方薬原料植物区
  • 3.水生植物区
  • 4.有用樹木区
  • 9.染料・香料植物区
  • 10.外国植物区
  • 11.有毒植物区
  • 12.ロックガーデン
  • 13.林地
  • その他
1.温室(冷房室併設)

正門をくぐってすぐ正面にあるちょっと小さめな温室です。

温室の中。

ファレノプシスデンドロビウムシルシフロラム。

クワッシア。苦味健胃や解熱に使われたりします。

ブーゲンビレアのアーチ。

シクンシ。果実を漢方で駆虫、整腸剤に。

夜に白い花を上向きに咲かせ、昼には花が下向きになり赤くなる花です。

続きを読む

GWの東京都薬用植物園に行ってきました その1(不正なケシ)

5月6日に東京都小平市にある東京都薬用植物園に行ってきました。

東京都健康安全研究センター » 東京都薬用植物園

同園では多くの薬用植物が栽培されています。

入園料はなんと無料、開園時間は4月から9月は9時から16時30分、10月から3月は9時から16時まで。

休園日は毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、ただ4月の第3・4月曜日と5月の月曜日は臨時開園しています。

アクセスは東大和市駅から徒歩2分。JR立川駅からだとバスに乗れば園の目の前までこれます。

 

同園ではあへん法により栽培等が禁止されているケシなども栽培していて、一般にも公開している国内でも珍しい施設です。

国内で他に一般に公開してるのは高知県の牧野植物園だけらしいです。

5月5日と6日には、そんなケシについて学べるケシのミニ講座を開催していたので行ってきました。

2016年にもミニ講座を受けたんですが、ブログも始めたので改めて聞いてきました。

ケシのミニ講座 | 公益社団法人東京生薬協会

たくさん写真を撮ったので、本記事ではケシの写真を。その2の記事ではそれ以外の植物を紹介します。

nakanohitsuji.hatenablog.com

正門をくぐってすぐのところ。正面には温室が見えます。温室の中は別記事にて紹介します。

栽培が禁止されているケシが育てられているケシ・アサ試験区

二重の柵が設けられていますが、開花期の現在は外側の柵が解放されていて、観察しやすくなっています。外側の柵にはケシに関する解説のポスターが貼られていたので、ミニ講座に参加出来なくてもかなり色々学べます。

柵の中で栽培されるケシ。

 

ミニ講座では法律で栽培が禁止される3種のケシが紹介されました。

1種目がソムニフェルム種(ケシ)。アヘンが採れるためにあへん法で栽培が禁止されています。

写真の白い花は日本で作り出された「一貫種」という品種です。

手前の赤いのはトルコ種。

続きを読む