週末花探し

東京を中心に花を見に出かけた記録。金~日曜日のいずれかの夜に週一更新。たまに読書感想文。

12月の蘆花恒春園に行ってきました

12月14日に世田谷区にある蘆花恒春園に初めて行ってきました。

 蘆花恒春園は、明治・大正の文豪、徳冨蘆花が暮らした家やお庭が残る公園です。

蘆花の没後、愛子夫人により東京市に寄贈され、その後公園として整備されました。

 

同園は蘆花や愛子夫人が暮らした家や庭の残る「恒春園区域」と、遊具やドッグランなどもある「開放公園区域」の2つに分かれます。面積は後者の方が広いかな。

アクセスは芦花公園駅を始め、近くに駅が多数あるようですね。私は千歳烏山駅から歩いて行きました。入園料は無料です。

蘆花恒春園|公園へ行こう!

都立蘆花恒春園 (@ParksRoka) | Twitter

ちなみに私は徳冨蘆花のことはあまり知らないのですよね。大河ドラマの「八重の桜」に確か出てたなあというくらいの知識です。

番組後のミニコーナーでこの公園を紹介してて、それでいつか行ってみたいなあ思ってたんだと思います。

 

恒春園区域

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214144535j:plain

最初に目につくのが蘆花が植えたというモウソウチクの竹林。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214144626j:plain

カエデとのコントラスト。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214144636j:plain

多くの木が落葉した冬の時期、鮮やかな緑色がとても綺麗です。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214145103j:plain

ウバユリ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214144920j:plain

竹林や雑木林に囲まれるようにある旧宅。この写真だと小さく見えるかもしれませんが、何度か増築された、廊下の多い広いお家でした。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214145149j:plain

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214150530j:plain

茅葺屋根。旧宅の中は、写真撮影はダメですが見学はできますよ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214150712j:plain

センリョウ。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214150745j:plain

ヤブコウジ

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214150807j:plain

マンリョウ

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214150905j:plain

大きな株立ちのサルスベリ。夏の花の時期に見たい。

 

この他にも恒春園区域には「蘆花記念館」もあり徳冨蘆花にまつわる展示が見れます。木造の古い旧宅と違って、暖房が効いてて暖かかったです(笑)。

記念館では歴史秘話ヒストリア新島八重の回も流してて、私あの回がすごく好きなんですよ。まさかここでまた見れるとは。

 

開放公園区域

こちらはドッグランや保育園、遊具もありとても広々とした印象です。

犬連れの方や子供達、運動してる人などが多数いらっしゃいました。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214154204j:plain

サザンカ

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214154900j:plain

サクラ「ジュウガツザクラ」。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214154442j:plain

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214155718j:plain

こんな感じで遊具も多数。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214155143j:plain

あと木が多いですね。落ち葉もたくさん。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214154641j:plain

イチョウ

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214155553j:plain

夕陽に照らされ、長く伸びた木の影が、縞模様みたいに。

f:id:Nakano_Hitsuji:20181214155606j:plain

謎の自撮り(影)。

 

個人的にはすごく落ち着く公園でした。風が冷たくなければベンチとかに座って、のんびり本読みたいなーって。

 

他に解放公園区域には「花の丘」という地区もあるのですが、2年前に土壌から汚染物質が発見されたとのことで、閉鎖されていました。

来年のサクラの時期に開放することを目指して、対策工事や手続きをしてるそうです。花の丘も早く見てみたいな。

 

本記事以外の蘆花恒春園の記事はこちら。

nakanohitsuji.hatenablog.com